即日融資の申し込み方法

今回は「即日融資の申し込み方法」について説明します。即日融資にはインターネット、郵送、電話、店舗などの申し込み方法があります。この中で最も便利な方法は「インターネット申し込み」です。ネットからの申し込みはパソコンだけでなく、今お使いのスマートフォンからも手続き可能です。
● ネット申し込みは手続きがラク!
スマートフォンは、どの方法よりも便利で簡単に「即日融資の申し込み」が出来ます。必要な書類を(スマートフォンに)付属のカメラで撮影し、審査の際メール(または、アップロードで)送信できるのです。この方法を使えば、パソコンでスキャンした画像を送るよりもシンプルに手続きが完結します。
またネット申し込みなら(店舗受付のように)営業時間に合わせて申告する必要がありません。土日や祝日、年末年始でも自由に申し込みが出来ます。ただし、土日や年末年始の場合は、審査結果が出るまでに時間が掛かります。カードと契約書をスムーズに受け取るためにも、できるだけ早めに手続きを済ませておきましょう。
● 郵送申し込みは、時間が掛かるので注意!
郵送は手軽に申し込みが出来ますが、カードの受け取りまでに一週間以上の時間が掛かります。時間に余裕があれば良いのですが、時間の無い方に「郵送による申し込み」はおすすめ出来ません。
● 無人契約機について
一部の金融機関は、スタッフの在中する有人店舗(支店)を設けています。ただ多くの場合は、無人店舗でのやり取りになります。インターネット銀行の多くは、有人店舗を持っていません。みなさんにおなじみの楽天銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、オリックス銀行も有人店舗を持っていないため、カードの受付は電話かネット申し込みに限定されます。
● 先に、ネット申し込みを済ませておこう!
有人・無人に関係なく、店舗を利用する前に「インターネット申し込み」を済ませましょう。自宅で申し込みをすれば、店舗での受け取りがよりスムーズに行えます。この場合、待ち時間がほとんどなく、その場でカードが受け取れるので大変おすすめです。
● 条件をクリアしてから申請しよう
多くのカードローンはキャッシュカードを発行しますが、モビットの「Web完結」はカードの発行がありません。また、契約書の受け取りも郵送ではなく、すべてオンライン上の手続きだけで完結します。
モビットのWeb完結は「インターネット申し込み」が進化したサービスです。ここでは、面倒な電話でのやり取りもなく、申し込みから可決まで一貫してスムーズな取引が行えます。
ただ、Web完結の利用条件は、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の銀行口座、そして社会保険証が必要になります。条件をクリアしてから、カードに申し込みましょう。

カードローンで少額を借りてさっと返す

カードローンの借りやすさと返しやすさを最大限に活かした利用方法が少額を借りてさっと返すという方法ですね。オリックス銀行のカードローンも借り入れ方法や返済方法を選ぶことができてとても使いやすいですよ。オリックス銀行カードローンでできる借り方は、自分が指定する銀行口座への振り込み融資と提携ATMからの引き出しがあります。
振り込み融資はパソコンやスマートフォン、携帯電話、あるいは電話で融資の依頼をします。ネットを使う際には、専用サイトメンバーズナビにログインして振り込み融資の手続きを行います。電話では、カードデスクのフリーダイヤルに連絡を入れて手続きをします。振り込み融資はジャパンネット銀行宛てなら曜日に関わらずほぼ1日中即時に実行されます。その他の銀行では平日の15時までなら即日、それ以降や土日なら翌営業日の朝9時から10時の間に振り込みが実行されます。
提携ATMからの引き出しも簡単ですからおすすめです。ローンカードを使って借り入れすることができ、最初に決めた限度額の範囲内で何度でも借り入れや返済が可能です。オリックス銀行カードローンでは提携ATMでの借り入れはいつ利用しても手数料がかかりません。また1,000円単位で借り入れができますので借り過ぎてしまうということもないのです。
主な提携ATMは三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行などに加えてイーネットやローソンATMなど全国に89,000台以上となっています。どこでもお金が必要と思い立った時にオリックス銀行カードローンの専用ローンカードさえ持っていれば安心です。
お給料日の前にお金が足りない時、どうしても購入したいものがある時などは少額をさっと借りて手持ちのお金ができればすぐに返済してしまいましょう。そうすることで金利も抑えることができ、お得な利用ができます。オリックス銀行カードローンでは、このように少額の利用でも大変使いやすくなっていますね。